ガルーダ・インドネシア航空利用時の

ジャカルタ スカルノハッタ国際空港での乗継案内

ガルーダ・インドネシア航空利用時のジャカルタ・スカルノハッタ国際空港の乗継のご案内

日本からガルーダ・インドネシア航空を利用して、ジャカルタ乗り継ぎでバリ島や周辺の島へインドネシア国内線を利用して
向かう場合の乗り継ぎ方法をご案内させていただきます。
今回は、先日2019年3月24日、ジャカルタ線が新規就航した、中部国際空港発着のバリ島(デンパサール)行きの場合のご案内をさせていただきます。

中部国際空港からガルーダ・インドネシア航空を利用してジャカルタ スカルノハッタ国際空港へ出発

こちらの画像は、中部国際空港セントレアに2019年3月24日に就航した、ジャカルタ行きの初便のものです。
名古屋からジャカルタへは、週4便運航しています。

中部国際空港のガルーダ・インドネシア航空カウンターにてチェックインをすると、名古屋(NGO)-ジャカルタ(CGK)とジャカルタ(CGK)-デンパサール(DPS)の2枚のボーディングパスが貰えます。
実際、ジャカルターデンパサールのボーディングパスは、ジャカルタに行ってから必要になるものですので、免税店でのお買い物のときなどに落としたりということが無いようご注意ください。
また、機内へ預ける荷物は、名古屋からデンパサールまで預かってもらえます。

こちらの画像は、中部国際空港セントレアに2019年3月24日に就航した、ジャカルタ行きの初便のものです。
名古屋からジャカルタへは、週4便運航しています。

中部国際空港のガルーダ・インドネシア航空カウンターにてチェックインをすると、名古屋(NGO)-ジャカルタ(CGK)とジャカルタ(CGK)-デンパサール(DPS)の2枚のボーディングパスが貰えます。
実際、ジャカルターデンパサールのボーディングパスは、ジャカルタに行ってから必要になるものですので、免税店でのお買い物のときなどに落としたりということが無いようご注意ください。
また、機内へ預ける荷物は、名古屋からデンパサールまで預かってもらえます。

ジャカルタ スカルノハッタ国際空港到着

名古屋からジャカルタへは、約7時間30分のフライト。
機内では、スナックや昼食、到着間際には、アイスクリームのサービスがあります。
飛行機を降り、画像のエスカレーターのある場所まで進みます。
案内の「Bagage Claim」と記載のある方向へ進んでいきます。

空港の広いスペースへと進む

案内の通り進んでいくと「Transit」という案内が出てきますが、ジャカルタにてインドネシアへの入国手続きがありますので、「International Arrivals」「Bagage Claim」と記載のある方向へ進んでください。案内をよくみると「国際線到着」と「手荷物受取」と日本語で表記されています。

国内線乗り継ぎと案内のある方向へ

国内線乗り継ぎ「Transit And Transfer Domestic」の方向へ進みます。
  
  

入国審査へ

ジャカルタから国内線を利用してインドネシア国内(今回はバリ島)へ行く場合には、ジャカルタでインドネシアへの入国手続きを行います。
「Immigration / 入国審査」と記載のある方向へと進みます。

イミグレーション到着

入国審査場に到着です。
今回の旅程の場合インドネシアの入国審査は、ジャカルタで行われます。
「Foreign Passport」と記載のある箇所に並んで、入国審査の順番を待ちましょう。ここで写真を撮ると係官がすぐに寄ってきて、写真を削除しろと言われてしまいますので、遠目からの画像です。

VISA取得カウンター

イミグレーションのすぐ手前にVISA取得カウンターがあります。
日本国籍で観光目的の場合、30日以内の滞在に付きインドネシア入国の査証取得が免除されております。
観光以外もしくは31日以上滞在する場合は査証が必要となります。
  

入国審査完了

入国審査が完了しましたら、そのまま流れに沿って進みます。
画像のような搭乗口の案内がありますが、ここではチェックしておかなくても大丈夫です。
流れに沿って進んでいくと機内預け荷物を受け取るターンテーブルがある場所に到着します。ただ、荷物はスルーチェックイン(名古屋からバリ島まで)となっていますので、ここで荷物を受け取る必要はありませんので、そのまま進みます。

税関です

ターンテーブルをそのまま通過すると税関に到着です。機内で客室乗務員より配布される税関申告書に記載して、特に申告するものが無い場合は「GREEN CHANNEL」へと進み係官に税関申告書を手渡してください。
時々、係官に呼び止められ荷物などチェックされる場合がありますが、指示に従い、係官とともに荷物を確認してください。特に問題がなければそのまま通してくれます。

ジャカルタ スカルノハッタ空港ターミナルへ

税関を抜けて進んでいくとお客様のネームプレートを持ったガイドや出迎えの人が待っているエリアに出ます。ここで外に出てしまうわず、改めてターミナル内に進んでください。

国内線への乗り継ぎです

再びターミナル内に入るとこのような広々としたエリアにでます。前方に見える大きな案内表示に向かい進んでください。

国内線出発フロアへ

大きな案内表示に「Domestic Depertues」国内線出発の矢印方向へ進みます。

国内線出発フロアへ

矢印の方向に進むと画像のようなエリアに出ますので、奥に見える入り口に進んでください。

国内線出発フロアへ

先ほどの画像の奥に見えた入り口です。
「Domestic Transfer」国内線乗り継ぎと記載があります。
  

国内線出発フロアへ

入り口の横には、案内表示があります。
こちらは、国内線の出発ゲートが表示されています。名古屋で渡された、ジャカルタ-デンパサール線のボーディングパスで便名を確認していただき、出発ゲートを確認してください。

国内線出発フロアへ

「Domestic Transfer」と記載のあった入り口を入るとすぐに上の階へと続くエスカレーターがあります。
もちろんエレベーターもあります。

国内線出発フロアへ

エスカレーターを乗り継ぎ、2フロア上に上がります。
1つ目のエスカレーターを降り、間逆の背中の方に進むと2つ目のエスカレーターがあります。

国内線出発カウンターがある方向へ

「Domestic Check-in / 国内線チェックインカウンター」と記載のある方向へと進んでいきます。


お店も充実

途中、いろいろなショップが並ぶ場所を抜けていきます。
せっかくの海外ですので、お店に立ち寄りたいという思いもあるかと思いますが、ここは先にセキュリティチェックなどがあります、乗り継ぎに時間の余裕がある場合はいいのですが、あまり時間に余裕がない場合は先へと進んでいきましょう。

チェックインカウンター到着

広い出発フロアーを「Domestic Check-in」の矢印の方向に進むとEとFと柱にかかれたカウンターの並ぶ場所に到着です。
ジャカルタ スカルノハッタ国際空港第3ターミナルのガルーダ・インドネシア航空の国内線出発カウンターは、EかFです。
ただし、中部国際空港出発の際、ジャカルタ-デンパサールのボーディングパスをすでにもらっていますので、こちらのカウンターでは特に手続きをする必要はありません。

国内線出発のセキュリティーチェックへ

カウンターが並ぶ場所の奥にセキュリティーチェックがあります。
こちらで国内線に搭乗する前、最後のセキュリティーチェックを受けてください。
このチェックを受けた後は、ボーディングパスに書かれている国内線便名と案内画面にある搭乗ゲートを再確認していただき、搭乗までのお時間をお過ごしください。
中には、土産物店やレストラン、カフェなどが充実しています。ただ、搭乗時間にはご注意くださいね。

バリ島(デンパサール)到着

さあ約2時間のフライトでバリ島に到着です。
ターンテーブルからご自身のお荷物をピックアップしたら、外にでます。ここでガイドさんやホテルのスタッフと合流します。
ターンテーブルの周辺には、ポーターが大勢います。荷物を運ぶと言ってきますが、必要なければはっきりと断ってください。荷物を運んでもらうのは、有料サービスですので、ご注意ください。
こちらを通り、車に向かい目的地へと向かいましょう。
バリ島を満喫してください!

さあ約2時間のフライトでバリ島に到着です。
ターンテーブルからご自身のお荷物をピックアップしたら、外にでます。ここでガイドさんやホテルのスタッフと合流します。
ターンテーブルの周辺には、ポーターが大勢います。荷物を運ぶと言ってきますが、必要なければはっきりと断ってください。荷物を運んでもらうのは、有料サービスですので、ご注意ください。
こちらを通り、車に向かい目的地へと向かいましょう。
バリ島を満喫してください!

バリ島(デンパサール)から中部国際空港へ 【帰国の途へ】

日本ご帰国の途へ
バリ島から国内線に乗り、ジャカル スカルノハッタ国際空港での乗り継ぎ方法をご案内いたします。
こちらは、上の往路での説明と重なる部分もありますので、簡単にご案内させていただきます。

日本ご帰国の途へ
バリ島から国内線に乗り、ジャカル スカルノハッタ国際空港での乗り継ぎ方法をご案内いたします。
こちらは、上の往路での説明と重なる部分もありますので、簡単にご案内させていただきます。

デンパサール空港(バリ島)の国内線ターミナル

名残惜しいですが、日本へと帰国です。
バリワールドのツアーに参加の方は、空港-ホテル間の送迎は専用車にてさせていただきますので、皆さんの出発が国際線か国内線なのか把握していますので、大丈夫だと思いますが、タクシーなどで空港に向かう際には、国内線ターミナルへと伝えてください。

セキュリティーチェック

ターミナルに入ってすぐに荷物のセキュリティーチェックがあります。
ホテルから空港の間でお土産などを買われた場合、スーツケースに入るようでしたら入れておいたほうが乗り継ぎの際など楽に移動できると思います。
 

ガルーダ・インドネシア航空カウンターにて帰国便のチェックイン

ガルーダ・インドネシア航空カウンターにて帰国便のチェックインを行います。こちらで行きと同じようにデンパサール(バリ島)-ジャカルタ ジャカルタ-名古屋の2区間の手続きを行ってくれますので、2枚のボーディングパスがもらえます。
ジャカルタ-名古屋は、深夜のフライトですので、窓際席や通路側席の希望を伝えてください。ここで機内に預ける荷物も預けます。荷物も名古屋までのスルーチェックインですので、ジャカルタでの乗り継ぎの際に受け取る必要はありません。

国内線ターミナルへ
  

チェックインが完了しましたら、国内線の出発フロアへと向かいます。写真は撮れませんが、チェックイン後、セキュリティチェックを受けると画像のようなスペースに出ます。案内の通りすぐの場所にエスカレーターがありますので、1つ上のフロアへと移動しましょう。
  
  
  

国内線出発ゲートへ

エスカレーターを上がるとお土産物屋さんやショップが並ぶエリアにでます。ここは、一本道ですので、気になるショップがありましたら、国内線の搭乗時間を気にしつつ、ショッピングなどをお楽しみください。

国内線出発ゲートへ

案内表示に「All Departure Gates」(全ての出発ゲート)とあります。
ショッピングを楽しみつつ案内通りに進んでください。
 

国内線出発ゲートへ

ショッピングを楽しみつつ進んでいくと突き当たりが見え、その先に飛行機が並んでいるのが見える場所にと出ます。ここがショッピングエリアの終点です。ここで搭乗ゲート毎に左右に分かれます。
 
 

国内線出発ゲートへ

デンパサール-ジャカルタのボーディングパスに記載されているGateの番号と案内掲示板に記載されているGate番号を確認してください。ボーディングパスを受け取った時から変更になっている場合があります。
案内掲示モニターが色々な場所にありますので、常に搭乗ゲートを確認しておくようにしてください。時間になりましたら、搭乗ゲートに向かいジャカルタへの出発です。

ジャカルタ スカルノハッタ国際空港に到着です

約1時間30分のフライトでジャカルタに到着です。
「Transit/Transfer」と記載のある矢印の方向へと進んでいきましょう。
 

国内線から国際線への乗り換えです

矢印の指す方向が別になる案内表示の場所にでます。
こちらでは、「Transit/Transfer International」と記載のある方向に進みます。機内に預けた荷物はジャカルタで受け取る必要はありません。

スカルノハッタ国際空港の国際線出発エリアへ

「Transit/Transfer International」の案内のある方向へと進みます。
画像のようなエリアに出ますので、こちらも同じく「Transit/Transfer International」の方向へと進んでいきましょう。
  

2つ上のフロアへ

先ほどの画像の奥に見えるゲートのような場所を進むとエスカレーターがありますので、2フロア上へと進んでいきます。
行きの乗り継ぎの際にも同じようにエスカレーターを使い2フロア上に行きました。もちらんエレベーターもあります。

出国手続きへ

エスカレーターにて2フロア上に進んでくるとかなり広いスペースにでます。
画像の案内表示の下から2番目にある「International Departure」と案内のある方向へと進んでいきます。

出国手続きへ

画像のような大きな案内表示がありますので、こちらも「International Departure」の案内のある方向へと進みます。
この案内の先にセキュリティチェックがあります。

セキュリティチェック

こちらのゲートの先にセキュリティチェックがありますので、機内持ち込みの手荷物などのチェックを受けます。

出国審査

セキュリティチェック後は、インドネシア出国手続きです。
 

出発ゲートを確認しつつ最後のショッピングを

あとは、出発までのお時間をインドネシアでの最後のショッピングやお食事をおたのしみください。こちらもレストランやショップが充実しています。
ここでもあらゆる場所に案内モニターにて出発ゲートが表示されていますので、バリ島で受け取ったジャカルタ-名古屋のボーディングパスに記載のあるフライト便名から搭乗ゲート番号や時間を常に確認してください。
深夜のフライトですので、ゆっくりと機内でのお時間をお過ごしください。

あとは、出発までのお時間をインドネシアでの最後のショッピングやお食事をおたのしみください。こちらもレストランやショップが充実しています。
ここでもあらゆる場所に案内モニターにて出発ゲートが表示されていますので、バリ島で受け取ったジャカルタ-名古屋のボーディングパスに記載のあるフライト便名から搭乗ゲート番号や時間を常に確認してください。
深夜のフライトですので、ゆっくりと機内でのお時間をお過ごしください。

上記の内容は、2019年3月の取材をもとに作成しております。変更されている場合がありますので、常に最新の情報をご確認ください。

ガルーダ・インドネシア航空作成の入国手続き/お乗り継ぎのご案内

ジャカルタ【スカルノ・ハッタ国際空港】入国手続き/お乗り継ぎのご案内
ジャカルタ 到着案内

ガルーダ・インドネシア航空作成の出国手続き/お乗り継ぎのご案内

ジャカルタ【スカルノ・ハッタ国際空港】出国手続き/お乗り継ぎのご案内
ジャカルタ 出発案内