バリ島ってこんなところ

日本から直行便で約7時間30分のアジアンリゾート、
バリ島はインドネシアの島々のうちのひとつ。

     【基本情報】

        国名・・・・・・インドネシア共和国
     人口/面積・・・約412万人/約5640km2(バリ島)
     時差・・・・・・マイナス1時間。日本が正午の時、バリ島は午前11時。
     ビザ・・・・・・30日以内の観光目的の滞在であればビザは不要。
     言語・・・・・・公用語はインドネシア語だが、メインの観光地ではたいてい英語が
             通じる。メニューも英語表記がある場合がほとんど。
     通貨・・・・・・Rp.1万=約85円(2017年5月現在)
             通貨はルピア(Rp)。単位が大きいので間違えないように注意!

クタ

クタビーチ

バリ島の中心地はココ!

大型ショップ、レストランなどが密集し、昔から観光客で賑わっているエリア。誰もが一度は足を向けるバリ島の中心地。ビーチはサーファーで賑わう。

観光客が集まる、バリ島の中心部!

ビーチウォークショッピングモール

バリで最初に発展したビーチリゾートのクタ。ビーチ沿いにショッピングモールが建ち並ぶ、バリ島の中心地だ。
世界中からサーファーや観光客が集まり、いつも賑わっている。

スミニャック

スミニャック/オベロイ通り

おしゃれな流行発信地!

センスのいいファッションやインテリア雑貨の店が乱立する、一大ショッピングゾーン。買い物をするなら迷わずここへ。ハイセンスなダイニングも集結する。

おしゃれな買い物と食事ならココ!

スミニャックスクエア周辺

最旬のファッションや多国籍グルメの集まる、バリ島の流行発信地。雑貨ショッピングを楽しみたいなら、必ず訪れるべき定番エリア。

ジンバラン

ジンバランにあるリゾートのビーチ

リゾート終結!サンセットスポット

海沿いの丘に高級リゾートが点在するエリア。散策する繁華街はないので、基本はリゾートステイ。ビーチ沿いで楽しむイカン・バカールも名物だ。

サンセットが美しいリゾートエリア

ジンバランビーチのクイジーン

空港から最も近いリゾート地。海沿いから丘のほうへ上がったエリアには大型ホテルが立つ。リゾートステイの他、こだわりのスパや海辺のBBQなど、ジンバランならではの楽しみも多い。

ヌサドゥア

ヌサドゥアのラグジュアリーリゾート

高級リゾートといえばココ

バリ島南部を代表するリゾートエリア。ゲートで仕切られており、外部とは遮断されている。北上するとマリンアクティビティを楽しめるタンジュン・ブノア。

リゾートステイとビーチアクティビティなら!

ヌサドゥアのバリコレクション(ショッピングモール)

大型のリゾートホテルが立ち並ぶ。外部とは堀ではっきり区別され、メイン・ゲートではセキュリティチェックも。ホテルから外に出ず、のんびりと過ごす観光客が多い。北上したタンジュン・ブノアはマリンスポーツが楽しめる。

サヌール

サヌールビーチ

古き良きのんびりリゾート

早くから開発されたリゾートでありながら、最近は新しい店が続々オープンし、欧米人の間で人気が高まっている。海は中心部よりも静かで美しい。現在はのんびりした雰囲気が魅力。

注目度上昇中!のんびりリゾート

サヌールのメインストリート

20年ほど前から、落ち着いた大人のリゾート地として欧米人に人気エリア。田舎ののんびりとした雰囲気が残る。最近は話題のグルメスポットが続々オープンし、注目度上昇中。

ウブド

ウブドのライステラス

もはや定番の田園風景

バリ島のほぼ真ん中に位置する内陸の避暑地。美しいライステラスの風景が広がることで有名だ。芸術家が多く住む村として知られ、美術館やバリ舞踊の公演が多い。

ライステラスすぐそばの芸術村!

ウブド王宮

標高600mの山あいにあるエリアで、ライステラスの美景で知られる。バリの芸術や芸能の中心地とされ、アーティストも多い。細い路地裏を散歩するのが楽しい♪