2018年10月7日~10月16日、IMF開催に伴う交通規制について

 

2018年10月に国際通貨基金(IMF)・世界銀行の年次総会がバリ島ヌサドゥアで開催されます。

これに伴い10月7日~16日、車両規制対策として奇数偶数制度が導入されます。

車のナンバープレートの末尾が偶数か奇数かによって下記の対象時間、対象エリアが通行付加と

なります。

 

期間: 2018年10月7日~10月16日

時間: 06:00~09:00 15:00~19:00

対象地域:

バイパス・ングラライ通り(プサンガラン交差点~ヌサドゥア)

ラヤ・ウルワツ通り(カリ交差点~ウルワツ)

ウルワツ2通り(バリ交差点~カンプスUNUD・ングラライ)

カンプスUNDU通り(カンプス交差点~ポリテクニック・ヌグリ・バリ)

シリギタ通り(PDAM~バイパス・ングラライ)

 

対象外:緊急車両、バス、バイク等

 

日付 10 11 12 13 14 15 16
通行可 奇数 偶数 奇数 偶数 奇数 偶数 奇数 偶数 奇数 偶数

 

IMFの期間中、各国の政府関係者等が観光や視察を行う際、事前の告知なしに道路が通行止めになったり

観光地に一般の観光客が入れなくなる可能性があります。

お出かけの際、また空港に行かれる際は、お時間に余裕をもってお出かけください。