タイ国際航空利用時の

バンコク スワンナプーム空港での乗継案内

タイ国際航空利用時のバンコク・スワンナプーム空港の乗継のご案内

日本からタイ国際航空を利用して、バンコク乗り継ぎでバリ島へ向かう場合の乗り継ぎ方法をご案内させていただきます。


タイ国際航空セントレア-デンパサール線 フライトスケジュール

<往路>
TG647便 セントレア 00:30 - バンコク 04:30   毎日運航
TG431便 バンコク 09:35 - デンパサール 14:55  毎日運航

<復路>
TG432便 デンパサール 16:55 - バンコク 20:05  毎日運航
TG644便 バンコク 翌日00:05 - セントレア 08:00 毎日運航

※予告なくフライトスケジュールが変更となる場合がございます。

はじめての方でも安心 バンコク・スワンナプーム空港での乗継方法

セントレアのタイ航空カウンターにてチェックインする際、セントレア-バンコク、バンコク-デンパサールの2枚のボーディングパスが発行されます。
スーツケースなどの機内へ預ける荷物は、セントレアからデンパサールまで預かってくれますので、バンコクで受け取る必要はありません。

バンコク・スワンナプーム空港到着!

セントレア-バンコク間のフライト時間は、約6時間半。快適なタイ国際航空の機内でゆっくりとお過ごしください。
飛行機を降機して進んでいくと画像のような案内が見えてきます。
「Transit・Gate」という文字を目安に進んでいきます。

 出発ゲート案内で確認を!

しばらく進んでいくとDeparturesと書かれた大きな出発ゲート案内があります。こちらで次のフライト、バンコク-デンパサールの出発ゲートを確認します。
セントレアで受け取ったボーディングパスにもゲートの記載がありますが、変更になっている場合がありますので、必ずゲートの確認をしてください。

出発ゲート案内で確認を!

バンコクからデンパサール行きのフライトは、TG431便ですので、今回のゲートは、「C4」です。

※出発日によりゲートは変わると思いますので、必ず確認をしてください。
※待ち時間の間にゲートが変更になる場合もありますので、途中で何度かゲートを確認してください。

スワンナプーム空港

スワンナプーム空港は、大きく「EAST」と「WEST」に分かれています。
今回のゲート「C」は、EASTにあります。




乗継時間も有意義に!

「EAST」の案内表示がありました。到着フロアから3Fの出発フロアに移動します。エスカレーターを上がったところで、セキュリティチェックがあります。セキュリティチェックが終わりましたら、免税店やショップ、レストランがある3Fと4Fにてゆっくり過ごしましょう。

案内表示は充実!

3Fや4Fのいたるところに案内表示がありますので、ご安心ください。


  

スワンナプーム国際空港

スワンナプーム空港内には、日本でも有名なお店、タイ料理や日本食、中華のレストランをはじめ多くのショップがあります。おみやげ物屋さんや免税店も充実しています。
セントレアからバンコクに到着する時間は総長ですので、一見お店が閉まっているかのように見えるお店もありますが、照明を少し暗くしているだけのお店や店員さんがポツンと座っていたりするお店もあり、ほぼ全てのお店が開いています。

 

 

 

 

 

 

バリ島へ向けて出発です

ショップでコーヒーを飲んだり、免税店をみていたらあっという間に時間が過ぎてしまいました。
搭乗時間が近くなってきましたら、搭乗ゲートに向かいましょう。
搭乗時間の15分位前には、ゲートは人でいっぱいになります。

バリ島へ向けて出発です






さあ、バリ島へ向けて出発です

バリ島には、15時頃の到着!
到着した日からしっかりとバリ島を楽しむことができます。夕方や夜にバリ島到着という航空会社が多いなか、タイ国際航空のでら夜便を使えば、到着日からおもいっきりバリ島を楽しむことができます。
仕事終わりにバリ島に行くなんてことも可能です。
タイ国際航空のでら夜便を利用して、バリ島へ行ってみませんか!

※お帰りの乗継も同じように進んでいけば、問題ありません。行きの乗り継ぎでお土産の目星をつけておいて、帰りの乗り継ぎで購入なんてこともできますよ。

※予告なしに変更となる場合がございますので、必ず現地で確認をお願いします。