フィリピン全土の喫煙に関するご案内。

 

 

フィリピン現大統領ドゥテルテ氏の公約の一つになっている喫煙規制(公共スペースでの喫煙を禁止)が

2017年7月から施行されています。

 

それに伴いフィリピン全土の公共の場での喫煙が禁止となり、違反した場合は罰金が科せられる場合がございます。

 

マニラ、セブ島も含め全ての地域が対象となっております。

今後、各ホテルで喫煙ルールの大きな見直しが行われることが予想されております。

既に一部のホテルでは、新しい喫煙ルールを定め、正式な案内が出ていますが、未対応のホテルも多くあるのが現状です。

また、街中でも指定の喫煙場所以外での喫煙は、罰則に対象になると思われます。

 

フィリピンへご旅行予定の喫煙者の方は、ご理解いただきまして、ご注意いただきますようお願いいたします。