タヒチの文化と歴史、その他

マナの力

今日のタヒチの人々には、彼らの祖先であるマオリの豊かな文化が受け継がれれています。
神々、戦士、そして人間の歴史が交錯して多彩な伝説が織りなされたこの地には、先住民であるマオリ族から継承したタヒチアン・ライフの脈動が今もなお息づいています。ここでは、島々や海で過ごす毎日の中で感じられた感動や驚きから、音楽、踊り、そして芸術が生み出されました。神々のスポーツとして槍投げが始まり、王族はサーフィンに興じ、そして人々はカヌー・レースやストーン・リフティングで自らの力の強さを競い合いました。

マナ

力、権力、影響力、優越性、偉大さ、統治権、全能、名声、支配、才能、優良性、特性、特権、威信、優位性、崇高、貫禄、優雅さ、美しさ、印象深さ・・・。

タヒチにおいてここに並べた概念すべてが「マナ」によってもたらされ、この組み合わせがそれぞれの人の特性となると考えられています。この神秘的かつ実質的な概念はタヒチの人々にとって心理であり、有形でありながら同時に無形であり、繊細でありつつも計り知れず、表現的でありながらも明確に知覚する事はできず、啓示的でありながら実体のしれないものでもあり、自然的でありながら神秘的もあるという二面性をもつものです。

マナはあらゆる次元のすべてのもの、すべての存在、すべての要素に命を与え、活性化し、育て、昇華し、そして更に高めていきます。一方でマナはあらゆるものに衰退や破滅を与え、最後の鼓動がとまるまで滅ぼす事もあります。

マナは、人を引きつけ、魅力的で、人の心の深くまで入り込み、とても素晴らしいものと考えられています。しかし同時に、マナは恐ろしく、危険で、激しく、時に命をも脅かす力もあるのです。これは生と死の相対性を根源と成す概念です。
マナはポリネシアの中心であるとともに全世界に宿るパワーの本質的要素であり、この世界を生み出し形づくる要素です。そしてこの世界を称えるポリネシア人「マオリ」のルーツとなる、実在的かつ文化的で、極めて精神性の高い価値観であると考えられています。

Mana(マナ)の「ma」は純粋さを示します。これはマオリ世界において調和しながら共存する人と事物の命、謙虚さ、尊敬、尊厳、愛、分け合い、美しさ、得、そして平和から生まれます。

Mana(マナ)の「na/na'a」は賢さを示します。賢さは経験、技術、祖先から受け継がれた知識、人とその周りの環境との強固な繋がりの中で見い出された常識、そして神への信仰から生まれます。またすべての事物と人間は、世界中にあるマナを求める精神的・文化的・世俗的な探求を経て、より賢く純粋に更に大きな力をもって生まれ変わる事ができると考えられています。

純粋で賢くあれ。そうすれば「マナはあなたの中に宿る」とポリネシアの歴史は説いています。

タトゥー

体に歴史を刻むタトゥーの語源でもある「タタウ」はタヒチの島々で生まれました。使われる図柄にはそれぞれに意味があり、タヒチの人々の人生における重要な瞬間や物語がそこに表現されています。また、人の体に描かれる1本1本の線によって、過去のマオリの魂が存在、そして未来のマナへと繋がっています。それぞれのタタウの模様に与えられている意味と人生の本質は、すべての海の魚をそれぞれの色と模様で描いたタタウの紙であるトフの存在に由来しています。天国と地上を結びつけるもの。ポリネシアにおいて、タトゥーは美しさを現すものでもあります。また、かつては人生において非常に重要な位置づけにあり、子供から大人への過渡期を終えた証としての役割を担っていました。

タプ・アート(冒す事の許されない、神聖な芸術)

芸術家たちは「神聖さ」と「美しさ」が完璧なバランスをもって存在するタヒチにおいて、自らの中にあふれて想像力をかきたてるマナ・スピリットを捉えて表現しようと努めてきました。この先祖の技術の守護者(ママ)は、先人の築いた織物、キルティング、木彫り、石の彫刻、ドラム制作、タパ布、そして手染めのパレオなどの芸術を神聖なものに保ち、後世に伝えています。これらの素晴らしいアートから、タヒチの島々の歴史を感じてください。

マラエ

タヒチの島々にあるマラエ(古代宗教の祭祀殿)はタヒチ全土に散在し、そのすべてが見えない絆で繋がっているとされ、古代ポリネシアの権力が集まる中心的存在でした。マラエは石で作られた寺院にも似ており、その時々の重要な行事を執り行う場所として使用されました。例えば神々への祈りや平和的合意の取り決め、戦いの勝利を祝う儀式、そして遠い地へ入植に赴く航海の際の儀式などです。タヒチの島々にはこういったマラエが数百箇所あり、新しいマラエを創設する際には既存のマラエから石を1つ持って行きます。この儀式を行う事で、すべてのマラエがその石をつなぐ、目に見えない線を介し、ひとつの同じ精神で結ばれるのです。

音楽と踊り

タヒチにキリスト教の宣教師がやってきた時、彼らはタヒチの音楽と踊りの特長である、力強く、人生を肯定的に捉えた官能的な音と動きを抑圧しようとしました。タヒチの人々はダンスとリズムによってマナを表現します。マナは海から呼び起こされ丘を下り、その魅惑的な魔法にかかった人間の魂から放たれます。今日のタヒチアン・ダンス&ミュージックは、人生についての聖なる表現を継承し、ポリネシアン文化復興を祝って行われます。タヒチのダンスはかつてそうであったように、今日でも人生のすべての事柄に結びつけられています。タヒチの人々はこの地を訪れた旅人を歓迎するために踊り、祈りを捧げるために踊り、敵を挑発するために踊り、そして異性に自分の魅力をアピールするために踊ります。

タヒチアン・ダンスは、タヒチの人々のハーモニックな歌声や、伝統的なドラムが奏でる雷のような迫力のあるサウンド、ホラ貝の哀愁漂う音色などと合わされた時に、力強いタヒチ文化のシンボルとして特に際立ちます。

Heiva i Tahiti(ヘイバ祭り)

タヒチの文化の素晴らしさに深く触れたいのであれば、また人々の精神を感じ、タヒチの島々がひとつになるのを見たいのであれば、是非とも「ヘイバ祭り」の時期にタヒチにお越しください。ヘイバ・イ・タヒチ(ヘイバ祭り)は、世界で最も大きなポリネシア文化のイベントのひとつです。古くから伝わる伝統や競技そのものを祝うこのイベントは、タヒチの中で最も重要な行事として125年以上にわたって開催されてきました。ヘイバは毎年6月下旬から7月下旬まで開催され、旅行者はこのイベントを一緒に祝い、この独特の世界観にじっくり浸る事ができます。連日昼夜行われるイベントの中で「タヒチアンたるものは何か」を体感する事ができるでしょう。旅の最高のお土産は思い出です。ヘイバに合わせて多くの島から人々がパペーテに集まり、工芸品の展示、伝統的なスポーツ競技、ダンス、そして音楽のイベントが行われます。

トロピカル・フラワーはタヒチの島の様々な場所で見ることができ、タヒチの人々の髪にはいつも美しい花が飾られています。有名な「ティアレ・タヒチ」という花は、旅人や故郷に帰ってきた家族を歓迎する際に作られるレイの材料として使われます。ティアレを髪に付ける場合、伝統的に、既婚者は男性も女性も花を左の耳に飾ります。

タヒチのスパ

最高のスパの体験

心地良いラグーン・ウォーター、豊かな植栽、バニラとティアレの花の香り漂う空間、そして穏やかに流れる至福の静けさ。タヒチの島々は、どこにも見つける事のできない、まさしく「最上のスパ」を呼ぶに相応しい素敵な体験をお届けします。タヒチのスパは、プライベート・ガーデンや、ビーチに建てられたヤシの葉葺きバンガロー、下に熱帯魚の行き交う様子を見る事ができる水上バンガロー、または丘の上からラグーンを見下ろすように配置されあバンガローなど、どれも個性ある場所にあります。また、タヒチの島々で採れた植物オイル、花を幅広く取り揃え、各スパでは女性・男性、カップルに最適なトリートメント・メニューを多数ご用意しています。

ダイビング、シュノーケリング、その他ウォータースポーツ

タヒチの人々の体に描かれたシンボリックなマンタやサメ、クジラ、そしてウミガメ等のタトゥーは、海との深いつながりの中で生きる人々の物語を伝えています。神々の住む地を護り続ける神聖な海の生き物たちに出会う為、タヒチの島々には世界中からダイバーが訪れます。この島々を取り囲む海は「クリア・ブルーの地上の楽園」です。ひらひらと可憐に泳ぐカクレクマノミ、絶えず人々の身近を泳ぐサメ、そして7月から11月の間にこの地を訪れる荘厳なザトウクジラに至るまで、タヒチの島々を囲む暖かな海は、命に満ちあふれています。真の楽園・タヒチの海があなたを待っています。

タヒチのダイビングスポットの詳細